« Escape R3 ドロップハンドル化③ ~パーツ選び~ | トップページ | ケミカル品 »

2010年3月21日 (日)

Escape R3 ドロップハンドル化④ ~取り付け~

いよいよ明日が改造計画決行日。
一日で出来るのかな。作業を整理確認。
ワイヤーをはずて・・・後輪を外して・・・、スプロケット交換。いやいやチェーンを切るが先だ。。。
色々考えた末、下記のような流れで。

チェーンをはずす→スプロケットの交換→ワイヤーを外す→Rディレイラー交換→ステム(から先すべて)外し→ハンドルにブラケット・補助ブレーキレバー仮取り付け→ヘッド・ステム・ハンドル仮止め→ワイヤー(アウター)取り付け→ブレーキ・ディレーラー調整→本止め。

一日で終わらないと嫌なので、思い立ったが吉日、本日中にスプロケットだけ交換することに。
30年ぶりの本格的自転車改造にワクワクしながら、チェーンを切り、スプロケットはずし工具(チェーンの付いたユニークなやつ)を使って、ロックリングを外す。
今のスプロケは抜くとバラバラになる、そして軽い。時の流れをひしひしと感じつつも、作業はあっけなく終わってしまった。
時間があったので、新品チェーンの、あの「ベタベタ」を一旦とるためにパーツクリーナーを使うことに。これも30年前には無かった代物。
使ってみると、匂いは「灯油」。灯油スプレーか!?と思ってしまう。まあ中身は何であれ、パーツクリーナーなんだから油が落とせ、パーツがきれいになってくれれば良い。さすがにネット上での聞きしに勝る威力。あの「ベタベタ」は無くなり、今まで使っていたチェーンも劇的にきれいになる。これは灯油につければ隙間の中までもっときれいになるということは容易に想像付くところだ。恐るべし「灯油」!

作業が屋外なので、日没サスペンデット。ここまでやって本日終了。

翌日あがってるはずの雨が朝まで残り10時スタート。フラットバーともお別れなのでしばし眺めて、作業開始。ブログを作ると決めきっておらず画像が無いm(_ _)m。
ワイヤーを外す→Rディレイラー交換→ステム(から先すべて)外し→ハンドルにブラケット・補助ブレーキレバー仮取り付け→ヘッド・ステム・ハンドル仮止めまですんなり作業が進む。
ブラケット取り付けは左肘が伸びないので少し位置を替える。腕の状態に合わせるととんでもない位置になりそうなので、ここは若干の変更にとどめた。
それでも跨ってブラケットを握ってみると「うーん、マンダム・・・」(寒すぎ・古すぎスイマセン)
Cimg3796 Cimg3797
STIを左右ずらしている(左を手前に)の判りますでしょうか?お暇な方は関節病のカテゴリーをご覧下さい。

ここからはワイヤーアウターの長さを考えながら慎重な作業となるが、何とかブレーキ・シフトとも取り付け完了した。
次回は~調整~です

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

« Escape R3 ドロップハンドル化③ ~パーツ選び~ | トップページ | ケミカル品 »

Escape R3 ドロップハンドル化」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555204/47866838

この記事へのトラックバック一覧です: Escape R3 ドロップハンドル化④ ~取り付け~:

« Escape R3 ドロップハンドル化③ ~パーツ選び~ | トップページ | ケミカル品 »

フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ