« Escape R3 ドロップハンドル化⑥ ~バーテープ編~ | トップページ | ポタリング »

2010年3月27日 (土)

Escape R3 ドロップハンドル化 ~感想~

自転車のひとつの楽しみが終わってしまい、ちょっと寂しい気分。言ってみれば、楽しかった旅行が終わり現実に戻ったような。・・・我ながら、まるで子供ですね。
また来週から乗る楽しみが増えたってもんだ。

昔、自転車作った時には無かった言葉「互換性」。ドロップハンドルにしたいなと思って以来、本当に出来るのかな?ミニVブレーキそのままでいいのか?9S用STIの時、RDは換えなきゃダメ?FDは?。思わぬ言葉に、時の流れと「バイク」と呼ぶ今の自転車の繊細さを感じましたが、やってみたら答えはOKでした。というかOKだと判断したので実行しました。(あっ、RDの流用だけは解りませんが)

「バランス崩す」とか、「プラスちょっとでロードが買えるのに」の意見があるのは承知しており、何かあっても自己責任の範囲を超えることはありません。「R3はママチャリにサイクリング用のパーツをつけたようなもの。ロードを買いなさい」と言ったショップのおやじもいます。(さすがにその店には二度と行きませんが)
私の場合は、改造の理由は最初にも書きましたが、純粋にハンドルのポジションを増やしたかったから。
そして、いじくりたかったからです。ですのでワイドレシオスプロケ&Vブレーキは健在です。そこを換えるつもりはありません。ドロップでものんびり走りますヽ(´▽`)/。

ちょっと人と違うR3。人気車種のエスケイプR3ですが、おかげで世界で自分1台のESCAPE R3になりました。私はたまたまドロップ化でしたが、ドロップハンドルじゃ無くても、少し改造してOnly One Bikeにすることは楽しいバイクライフに必須だと思います。
これを最後まで読まれた方、改造を検討の方、ぜひいろいろ調べてチャレンジしてくださいね。
あくまで自己責任でね~   了。

完成車です。
Cimg3765 Cimg3850
われながらよく出来ました。RDアウターワイヤーの白のアクセントに自己満足!


Cimg3772 ワイヤーはこんな長さです。

ドロップ化しても、うちのR3はクロスバイクです!

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

« Escape R3 ドロップハンドル化⑥ ~バーテープ編~ | トップページ | ポタリング »

Escape R3 ドロップハンドル化」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555204/47918804

この記事へのトラックバック一覧です: Escape R3 ドロップハンドル化 ~感想~:

« Escape R3 ドロップハンドル化⑥ ~バーテープ編~ | トップページ | ポタリング »

フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ