« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

うながっぱ2

多治見で人が集まるところに出現する「うながっぱ」

マラソン大会にも来ていた。

あまり無いのでバックショットを撮ってみた。
Dsc00370となりは国体キャラの「ミナモ」
あたま丸すぎ。

入るにはちょうどいい季節かな。

2010年11月28日 (日)

多治見健康マラソン

昨年に引き続き参加。といっても、今年は「嫁」が出走!!
ただし「走った」のか「歩いた」のかは定かでありません(笑)。

今年は参加者が多いsign03
なぜなら・・・
Dsc00367 Qちゃんが来たのですsign03

元気ですねぇ・・・、現役のときよりふっくらしていて、むしろ健康的に見えます。それでも走っている姿勢はバリバリのアスリートでした。

Dsc00411a ずーっと、走ってました、何往復も。

何でしょうね、彼女の魅力は。やたら人気ありますね、いまだに。シドニーの金は野口の金より、やっぱりかなりインパクト大きかったからでしょうか。岐阜県人の誇りです。

Dsc00393 ここはまだ走ってますが・・・

うちは3kmジョギングにエントリー。ゴール後は、ショウタは涼しい顔、嫁は咳き込んでました(爆)

中学練習試合

瑞浪で県大会の公式戦の後に練習試合を組んでもらい、4チームと、25分1本を行なった。
県大会出場チームと試合ができるということで、楽しみにしていたが、相手は控えが出場。

緊張感が無い試合が続き、先回書いた一生懸命さもあまり感じられない。考えてみれば、西濃や飛騨からわざわざ来ているので、全員試合をさせたければそうなるのは当たりまえ。
真剣勝負をしたければ、公式戦の方に出ろ、予選2次ごときで負けるなってことだ。

Dsc00345 周りが大きくなった分、余計小さく感じるなぁ。でもこれからさ。


ちょっと落胆の一日でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

2010年11月24日 (水)

一生懸命

今時あまりはやらない言葉だが、一生懸命の姿には“ナウい”の時代に生きて来た自分は、今だ心動かされてしまう。
逆に、そう感じないシーンにはあまり感動がない。


サッカーばかりで恐縮だが、先日のジュビロvs山形は感じなかった方。
今年のベスト試合は、ナビスコ決勝のジュビロvs広島と、コパンU-8のvs一宮戦。
ナビスコは、怪我しないか心配なほど、気迫のぶつかり合いはすごかった。コパンは見ているこちらがびっくりするほどの、パフォーマンスを見せてくれた。
どちらも一生懸命さがとても伝わるナイスゲーム。そこに上手い下手は関係ない。


残念ながら今日のグランパスの試合は、後半子供と庭に出てしまった。アジアカップのイラン戦も最後は見ていられない内容になった。
サッカーに限らず何でも同じ。
一生懸命に勝るパフォーマンスは無い。

2010年11月23日 (火)

電飾取り付け

めっきり朝が寒くなり、町の明かりが心温める季節になりました。

というわけで、剪定も済みすっかりさっぱりしたもちの木に、今年も電飾を取り付けます。

Dsc00169

LED 電球 白200+白×青200の合計400球。

Dsc00170_2
Dsc00301_2 電飾取り付けの秘密兵器“高枝切りバサミ!”

いつも最初は「どうやって付けるんだっけ??」と、途方に暮れますが、

Dsc00178 なんとか半分まで行き、

Dsc00179 案外早く完成します。

ところが付けてみたら・・・

20101

あれー、青が下半分しかないsign02 coldsweats01

接続ミス・・・今年はこのまま行きますconfident

2010年11月21日 (日)

ジュビロ観戦

昨日は二人とも午前練習。ユウタがジュビロファンなので午後から磐田までジュビロの試合を見に行った。相手は山形。
席を取ったころ、グランパス優勝のアナウンス。一人喜ぶが、スタンドはまったく無反応think
Dsc00149 Dsc00150 ヨシカツ相変わらず人気者

ジュビロ磐田スタジアムはピッチまで5mぐらい。やっぱりグランドが近いスタジアムは楽しい!
昔、三ツ沢でJ2の試合を見た時の迫力は忘れられない。ピッチまで3mぐらいで、選手の声、ぶつかる音、ボールを蹴る音が生で聞こえるのはすごかった。
それを期待して2列目に陣取ったが、すぐ上がサポーターエリアで、応援の渦に巻き込まれ、何も聞こえなかったwobbly。子供はそのほうが良かったようだが。

試合はお互い守りが堅く0-0。特にジュビロは枠に飛んだシュートは1~2本。横やバックパスばかりで、見る側からはつまらない試合だった。それでもスピード感やパスの速さは“すごい”の一言。彼らが小中学生のころはやっぱ抜き出た存在だったのでしょうかね。
Dsc00161

帰りは「山形」ナンバーの車がたくさんいた。車でご苦労さまっ!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

優勝おめでとう!

グランパスもそうですが、帝京可児、全国出場おめでとう!!

今日は決勝で2点目を決めたヒデ君が小中グランドにあいさつに来てくれました。

目指せJ リーガー。その前にお正月がんばれ!

今のうちにサインもらっとこ。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

新人戦 結果

新人戦は結局、泉中、北陵・南姫、坂本の3チームで決勝リーグを行い、北陵・南姫と泉が県大会へ進むことになりました。
Dsc00299北陵・南姫&泉中、県大会でも頑張ってください!

昨日はその泉中が、練習試合に来てくれました。見たかったけれど、小学校の指導者が少なくて離れられず、隣のグランドだけどまったく見れずsad。2試合とハーフ1本やったそうですが、なんとか勝ったようです。内容はあまり良くなかったようですが。いずれにしても、互角に戦えるだけに、返す返す新人戦は残念でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

2010年11月18日 (木)

デジカメ

先日長らく使ったデジカメが逝ってしまったので、買い換えました。

SONYのDSC-HX5Vってやつ。当初SONYは眼中になかったのですが、なかなか優れものでしたので、予定変更しました。
手ぶれ補正はすごく進化していて、夜景はストロボ無し、三脚なしでも劇的にきれいに撮れます。夜景モードはシャッターを押すと、勝手に連写して、合成してノイズを減らした画像を1枚残してくれるそうです。
動画はフルハイビジョンで撮れてしまいます。




しかも昔よりも安いっすね。




浦島太郎にならないように、進化についていくのに必死なやんまであります。

2010年11月11日 (木)

除草剤散布

なんだかんだで忙しく、延び延びになってた秋の除草剤散布を行ないました。
やんまの「手抜き的芝生管理術」も今年はこれが最後の手入れ作業となりそうです。

ヒメクグは、寒くなってめっきり目立たなくなってきました。
チガヤも成長がストップ。ひとまずかれてしまうのでしょう。
ここで薬剤散布で追い討ちをかけて、来年の春まで楽をしたいものです。

今回はインプールDFを全面に、アージランをチガヤ汚染地帯に散布します。
11dsc00138 除草剤と展着剤の3点セット
Cimg4075

まずは散布剤ならではのインプールとアージランの合わせ技。混ぜて散布していいのかどうかわかりませんが、やってしまえ! (最近いい加減さに拍車がかかってきました)
秋はアージランを濃い目で散布。1㎡に1.25ml、これを200mlの水で希釈します。
5Lタンクで31mlのアージラン。これで25㎡分。ワンダホー!! ただチガヤ地帯が25㎡なのか測ったことはないbearing
いい加減なのか緻密なのか自分でも分かりません。



続いてインプールのみを5L×2.5回。ヒメクグエリアを重点的に攻撃。

11dsc00142 やっぱり出てくるシロツメクサにも重点攻撃



これで来春の除草が楽になったら、ホントに儲けものです。

にほんブログ村 花ブログ 芝生・芝生管理へ
にほんブログ村

胸部打撲

あんまり胸が痛いので(失恋ではありませんhappy01)、今日は病院へ行ってきました。
「打撲です、骨はまったく異常なし!」


先週7日のレッドアイズの試合で、相手クロスボールを胸で受けたら、結構痛い(>_<)。
今週収まるどころか、日増しに痛みが増している気がしたので、念のため整形外科にいってきました。


あれごときのボールで、こんなになるとは・・・ここでも運動不足が露呈しました。
とりあえず一安心ですが、早く引かないかな、咳やクシャミがやなんですが。。。

2010年11月 9日 (火)

しつけ

先日、クラブ員のあるお父さんと、小泉少年サッカークラブ(KSSC)の子達は挨拶ができないという話になりました。


仕事柄、企業の人事・教育担当者に会う機会が多いのですが、最近の課題で多いのが、「ゆとり教育世代」である新入社員達の「基礎力が落ちている」ことです。
人事担当者が一様に言われることが、読めない、話せない、書けない、一般社会のマナーを知らない。
我々からすると、「えっ!?まさか」と思うようなことが出来ない新・新人類が、ネクタイを締めて仕事をする時代になったということ。(決してすべての子がそうだというわけではないのですが)

原因は「ゆとり教育」だけでしょうか?。家庭が、学校が、そして地域社会が、躾を“放棄”しているからではないでしょうか。現に教育担当者はそう指摘し、基礎教育を会社がやらざるを得なくなったとこぼしています。

翻って、KSSCでは躾は出来ているのでしょうか。正直現状は子供たち、そして大人も発展途上だと思っています。
子供たちは、朝、父兄に対してあいさつをしません。それを認識している大人も少ない状態です。
そんなことを強く意識させられる存在が、少年野球のチーム。
小泉小には「小泉クラブ」という少年野球チームがありますが、彼らはユニフォームを着るとグランドではもちろん、町内ですれ違っても「こんにちは!」とそれは気持ちよくあいさつをしてきます。「小泉クラブ」は、伝統的に強いクラブ。技術だけでない部分の教育もきちんと受け継がれてると感じざるを得ません。
良いチーム、常勝校、最強選手・・・、地域や年代を問わず、こういった称号が付くところに、あいさつが出来ないとか、マナーが悪いという声は聞きませんね。

指導者の視線でKSSCを見た時、全てに厳しく、管理されたチームを求めるつもりはまったくありませんし、勝つチームを作りたいとも思っていませんが、あいさつが出来ない子だけは育てたくありません。極論すれば、サッカーの技術なんてどうでもいいんです。ただただ、小泉校区で、「小泉クラブの子供達はいいけど、KSSCはちょっと・・・」と言われないチーム作りが必要であり、地域社会への使命だと思っています。そのためには大人側にもう少し「けじめ」が必要なのは確かです。

・ルールが守れない子には叱る

・模範となる言動が出来た子には、みんなの前で誉める

・あいさつは習慣となるまで徹底する

どこかで今の流れを断ち切って、変わるべきはまずは自分から。

肝に銘じたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

2010年11月 8日 (月)

BBQ大会

サッカーネタが続きます。。。(って言うか、bicycle乗ったり、庭に出る時間がない!)6日の晩はレッドアイズの試合に参加しました。相変わらす過激&急激な運動により、月曜ごろ筋肉痛のピークの予定ですcoldsweats01

日曜は小学校の方のBBQ。午前中練習して、午後は地球村に移動。
Dsc00126 総勢100人の大BBQ大会。
食べて飲んで、オリエンテーリング、オークション、ビンゴなどなど、子供たちには楽しい1日になったと思います。大人もねbeer
今週はアウトドアにはBestな陽気でした。
Dsc00131 オークション&ビンゴ大会グランパスチケットホシカッタ。。。

5、6年の親さん企画・運営ありがとうございました!。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

2010年11月 7日 (日)

新人戦 東濃2次リーグ

中学新人戦の2次リーグが多治見の梅平でありました。
1次リーグの上位3チームが、3つのブロックに分かれて上位1チームが決勝リーグに進みます。小泉は坂本中と中津第二中とのDブロック。
Dsc00114 順当に行けば小泉、北陵・南姫、泉が決勝リーグなので、ここはしっかり勝ち抜きたいところ。

1試合目vs坂本中
試合の入り方がいつも悪い小泉、先制して自分たちのサッカーをしたいところですが・・・。入り方やはり悪し、勝てる相手と思っっているのでしょうか、相手に合わせてるというか、勢いは坂本にあります。互角の戦いから、先制は坂本中に入りました。GKとSBの声の連携があれば防げた失点なので痛いです。前半0-1。それでも後半1点返し、いけそうな匂いもしたのですが、またもやカウンターから失点。
どうも攻撃が一端トップ下に集まって、そこから窮屈な攻めになってます。もっと早めにサイドを使って、シンプルに攻撃したらいいのに、左のキイチは小泉の武器だと思うのですが。
Dsc00070

結局そのまま1-2でまさかの敗戦。「勝ちたい」の気持ちが坂本が勝ってたのでしょう。彼らのこの試合振りでは、負けは仕方のないことです。

2試合目vs第二中
3チームでのリーグ戦ですので、ここで勝っても結局坂本と第二の結果次第となりました。まあ勝つしかありません。坂本戦のような状況では勝つもの儘ならないと思いますが。
ところが打って変わって、良く走り、声が出て、相手を圧倒する試合展開。キャプテンタニの見事なヘディングシュートもあり、サイドからの攻撃も増えて、前半3-0、後半1-0で結局4-0で勝利。
Dsc00083 今日はキャプテン2得点で頑張ってました。

何でこの試合が1試合目からできんの???

その後行なわれた坂本vs第二の試合結果を待つことになりましたが、第二中が先制するも、同点に追いつかれ、引分け。小泉の新人戦はここで終わりました。


負けは仕方のないことです。でもいつも書くことですが、この結果から彼らは何を学んでくれたのでしょうか?サッカーの姿勢なのか?技術なのか?戦術なのか?気合だけのことか?「上手く」、「強くなりたい」というオーラをまったく感じないチームです。
小さなことから全てにおいて、反省や振り返りをしたものだけが次への修正を見い出すことが出来、それが成長につながるのだと思います。「負けちゃった」で終わったチームには成長はありません。集大成は来年の中体連のはず。監督コーチに言われなくても、自分たちで考えて行動できるように早くなってほしいですね。
キャプテン&2年生よ!少なくとも試合後のミーティングは自分たちでやろうよ!


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ