« 豊川遠征 | トップページ | 次男のサッカーボール »

2011年4月 1日 (金)

福島産の野菜購入しました

サッカーの代表戦を見ていると、自分が日本人だとひしひしと感じる自分がいます。

それは嫌いではありません

むしろ、好きな瞬間です。日本人でよかった・・・と


ガンバレニッポン!


次は被災地に向けて。

スーパーは腰が重いようなので、NETで購入しました。

やはり、福島県産の野菜を懸命に販売されてます。支援せずにはいられません。

皆さんぜひ購入を!

里山ガーデンファーム  ←ここで買えます!

店長さんのブログ   ← 一緒にこちらもみてね













« 豊川遠征 | トップページ | 次男のサッカーボール »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
みなりんと申します。

二本松農園のブログからやってまいりました。
わたしも、福島産の野菜を探して、会社帰りにママチャリで
何軒もお店をめぐりましたが・・・

・・・置いていても、福島、と名前のあるのは、お米くらいでした。

個人の八百屋さんにそれとなーく聞いてみたら
市場には出荷されては来てるよ、でも、お客さんが敬遠するから
仕入れられない、俺らも生活があるからな~ と(正直といえば正直・・・)

市場に出て、10分の1の値段でも競り落とされず
コンクリの上でしおれていく野菜を想像してかわいそうに。

で、ふと、「市場に出さないでも売る方法=直販 って、ないのかな」
って浮かんでネットで検索したら、二本松農園に出会ったというわけです。

ニラ5キロはたしかに個人ではなかなか買う勇気がないです(^^;
ラーメン屋さんのようなところがいいのかなと思います。
「うちは支援するために、福島のニラでおいしい餃子を作ってます!」
なんて胸を張って言える大将 いらっしゃいませんか~?

今日ははじめてきゅうり2キロと、お漬物セットを頼んでみました。

みなりんさん こんにちは

確かにニラ5kgは買えませんね(^^ゞ。
世の中には100億出す方もいらっしゃるようですが、自分は、身の丈にあった
支援をしていければと思っています。

今度は海の汚染報道ですね。
終わりの見えない戦いに、私たちも長い目でもって協力していきましょう!

やんまさん

再びこんばんは!
今日、ネットのニュースで発見しましたよ
IYなど大手スーパーが、6日から10日くらいまで「がんばろう東北フェア」を実施、
被災地の野菜やお米を販売するコーナーを設けるそうです。

大手が動くと、普通の主婦層もちょっと安心して購買が始まるのでは。。
そういう意味では遅まきながら、いい方向ではないかなと思います(^^)v

そんな、ちょっとうれしい気持ちで帰宅したら
きゅうりが届いていました!(お漬物はあとの便のようです)
うれしくて洗って河童みたいにかじっちゃいました。さわやかな滋味。
さっそく一部をピクルスに仕込みました。
出来上がりが、楽しみです(ブログに写真貼ってあります)

みなりんさん こんにちは

ホント一斉に支援販売が始まりましたね、いい事です。
ただ、安くなってしまうところがあるようで、残念です。
ウチも昨日食べましたが、
とても立派な野菜たちでビックリしたぐらいです。
味もGood!でした

最初は支援ですが、いつか福島産のおいしい野菜がブランドになったら良いですね。

農業の人には悪いのですが、農業の人も「消費者に安心して食べてもらう食材」の生産に励んでおられたと思います.それが前提です.


・・・・・・


ホウレンソウが汚染されていたとします.普段なら「ホウレンソウだけが放射線で汚染されている」という事なので、「そのホウレンソウが基準値を超えていなければ食べて良い」のです。


しかし、現在のように空気(外部線量)、それを吸い込んでの内部被曝、野菜、魚、水、土壌など全てが汚れていると、ホウレンソウも他の被曝に足さなければなりません.


たとえば、次のようなことです。


【普通の時】 


空気      0


水        0


内部      0


ホウレンソウ 10


小松菜     0


大根      0


牛乳      0


こうなご    0

合計     10


となりますから、ホウレンソウは規制値以下なら大丈夫です.


ところが、「環境が汚染されているとき」(時期は1年ぐらい)は、状態が違います.


【汚染時】


空気      10

水        2

内部      10

ホウレンソウ  10


小松菜     3

大根      1

牛乳      5

こうなご    10

合計      51


となります。つまり一つ一つは「規制値内」でも「足し算」をしなければなりません。


少し前に「かけ算のできない東大教授」と書きましたが、先日の東電の魚汚染の発表は「足し算のできない東電」ということです。


むやみに怖がる必要はありませんが、ここ半年ぐらいは、「基準値以下でも、できるだけ被曝を避ける生活」が大切です.


個人の事情、体力などに合わせて、できる範囲で被曝を減らすこと、これが放射線防御の基本です.


(農業、漁業の方の考え方はまた別の機会にします)


(平成23年4月9日 午前9時 執筆)


まきさん こんにちは

おっしゃる通りだと思いますよ。
福島県及び原発近辺の、放射線量が平時よりも上がっている地域の方々は、
東海地方に住む私たちでは、想像が及ばない不安の中で生活されていると思います。
ですので、この地域の方々は「基準値以下でも、できるだけ被曝を避ける生活」が大切ですね。

だからこそ、
いただいたコメントにある【普通の時】の地域に住む私たちで消費できれば良いのではと思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555204/51267458

この記事へのトラックバック一覧です: 福島産の野菜購入しました:

« 豊川遠征 | トップページ | 次男のサッカーボール »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ