« 2014 モックルカップ | トップページ | 際刈り! »

2014年7月23日 (水)

点の取り方

一時期のどん底から少しよくなってきました。

少しづつ声も出てきました。

しかし得点だけは、なかなか取れませんねー。



大きくフィジカルの強い選手が一人いれば、そこに放り込んで点は取れると思います。

うまくなくても勝つチーム、中学でもさんざん見てきた構図です。

小泉はFPに大きな選手はいませんし、パスをつなぐサッカーをしています。

簡単ではないので、子供には多くの気づきの積み重ねや着実な成長とともに、親は忍耐が必要です。





試合を見て思うのですが、

トップにボールが入ってからの攻撃がなかなか決まりませんね。

みんなの共通理解が足りないのではないでしょうか。

シュンヤが後ろ向きでボールを受けた時は、

場所的に、次か遅くともその次のパスでシュートにならなければならないはずです。

ところがそうならない。全員にそのイメージが無いんだと思います。

DFがミドルを狙う、縦に2列目が走り込む。どういうときに、どう動くか。

パスを出してプレーを終わってしまうのは、集中していないのと同じ。そんな時がまだチラホラあります。



一つ二つのパターンでもいいので、全員で話して決めておくといいと思うのですが。

ゴールは、一人の個の力で取るのではなく、全員(の動き)で奪うものだと思います。

特に小泉は。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

« 2014 モックルカップ | トップページ | 際刈り! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555204/60022830

この記事へのトラックバック一覧です: 点の取り方:

« 2014 モックルカップ | トップページ | 際刈り! »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ