« 芝生のシロツメクサ攻撃 その後 | トップページ | 2014 ライオンズ杯 »

2014年11月24日 (月)

2014会長杯 決勝T

秋も深まったこの季節。紅葉シーズンで、アウトレットも拡張リオープンで道が激混みwobbly

soccerも大会続きとなります。

この連休は会長杯の決勝トーナメント。

負けたら終わりのこの大会、相手はまたまたZELOさん。




試合の入りはまずまず。

攻める機会もあるんだけど、シュートまでいくのはZELOさん。

前半10分CKから鮮やかなヘディングシュートで失点。

これはしょうがない。

切り替えていければよかったのですが、同じような展開が精いっぱいでした。

攻撃で押し上げても、なかなかフィニッシュのイメージが無いのか、シュートまでつながらない。

体格はあまり変わらず、決して走り負ける相手ではないのですが、

ZELOさんは11人全員“やること”が解っていて、迷いが無いからか、パスが正確です。

小泉は、中途半端な意図のわからないパスがまだ多い。

今日は慣れないポジションをやる選手がいるからか、ちょっと全体に“気持ち”が弱い気がします。

結局後半2失点で、0-3で敗戦となりました。






もっと、サッカーを理解したら、すぐ中核選手になれる子。

すごいミドルシュートや突破力を持っているのに、それを使えない選手。

もうちょっと自信を持って、気持ちを高めてピッチに入れば、かなり試合は変わると思いました。

サッカーというスポーツの中で、試合の中での立場や自分の持ち味の発揮を、

自分で考えてできる選手と、

コーチに言われてできる選手と、

誰に言われてもできない選手が、

どこのチームでもいると思うのですが、

ZELOさんは前者が多くて、小泉は後者が多い。

その差がチームの今の力の差ではないかと思います。






振り返りをしても形式的な反省ばかり・・・

自己肯定ができず、自信が持ててない選手が多いことがわかります。

「自己理解」能力が足りないのかもしれないのですが、

卒業までの残り少ない時間の中で、もっと褒める機会をふやして自信を持たせたいなと

感じた1日でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

« 芝生のシロツメクサ攻撃 その後 | トップページ | 2014 ライオンズ杯 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555204/60705243

この記事へのトラックバック一覧です: 2014会長杯 決勝T:

« 芝生のシロツメクサ攻撃 その後 | トップページ | 2014 ライオンズ杯 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ